NEWS新着情報

PRESS

2016.06.10

新シルク蚕業構想の記者発表イベント開催報告1

中嶋市長から本プロジェクト開始に向けたメッセージを発信いたしました。

ブランディング・プロデューサーである伊藤忠ファッションシステムが運営する東京・青山のショールーム『ifs未来研サロン WORK WORK SHOP』において、新シルク蚕業構想の記者発表イベントが開催され、本プロジェクトに対する山鹿市の意気込みや期待など、市長メッセージとして発信いたしました。

熊本県山鹿市ブランディングプロジェクトの記者会見(ローンチイベント)にお運びいただいた皆様へ

皆様こんにちは、熊本県山鹿市長の中嶋憲正(なかしまけんせい)でございます。
ご周知のとおり、私たちの郷土熊本では、本年4月14日から続く一連の地震によって、県内各所に甚大な被害が生じました。
現在も余震が継続しており、予断を許さぬ状況ではありますが、早期の復興に向け、着実に歩み始めているところです。
全国から多くの温かいご支援とご協力を賜りました皆様方に、被災県の首長として、この場をお借りして心より御礼を申し上げます。

さて、本市では国の地方創生の動きに合わせ、平成27年度に地方版の総合戦略である「山鹿市総合戦略」を策定しました。
その中で、本日ご出席の株式会社あつまる山鹿シルクの島田社長とともに進めている当該プロジェクトは、本市でも最重要プロジェクトとして重点的に取り組んでいるところです。

山鹿市は、熊本県内における近代養蚕業発祥の地であり、養蚕業がたいへん盛んな土地でありました。しかし近年、養蚕農家もわずかを残すばかりとなり、消滅の危機に瀕しておりました。
そのような中、今回、伊藤忠ファッションシステム株式会社様と業務委託契約を締結し、世界展開も見据えたトータルブランディングを行っていただくことで、新たなシルク産業の創生を目指していくこととなりました。
このように新しい形で、多くの方々の協力を得ながら、伝統産業が復活することについて、ひとかたならぬ喜びを感じております。
今後、山鹿市で生産される「山鹿シルク」が、国内外に誇れる地域ブランドとして確立され、山鹿市から新たなシルクロードとして、世界へと広がって行くことを心から祈念しております。

今後も伊藤忠グループの皆様方、リバースプロジェクトの皆様方、国や熊本県をはじめとする関係機関各位のお力添えをいただきながら、この一大プロジェクトを進めていく所存でございます。
今後とも、変わらぬご支援、ご協力のほどよろしくお願いいたします。