INTERVIEW関係者の想い

2016年7月

世界の中で山鹿が何をできるのかをシルクが証明していく

オーガニックな桑畑から生まれるみんなに役立つシルクを

 「天空桑園は、朝露も気持ちよくて、新芽が透き通ってピュアな感じがして、農薬を使っていないのでカエルもいて…。ここは、このプロジェクトがやらんとしていることが肌で感じられる場所で、とってもすばらしいところなんです。山鹿の歴史が証明しているように、地に根ざしたものなんでしょうね。
 さてそんな魅力的な場から生まれるシルクですが、衣料としてはもちろん、社会的にみてもシルクは素材としてとてもアツイ。美容成分としてもセリシンなどが注目されていますし、医療の側面でも非常に有用なものとして期待がされています。
 しかし大事なのは山鹿が世界のために、みんなに役立てられる形をどうやってつくれるのかということです。 歴史上携えてきた桑畑をきちんと再生し、また世界のための山鹿になれる形がなんであるのかを考えることが、まず第一歩だと思うのです。

早朝の天空桑園では、大きく成長してきた桑の様子を視察。自然豊かで壮大な景色と共に楽しんだ

世界的視野で考えて“四方よし”のビジネスに

 今回のプロジェクトは、社会の中で山鹿の在り様をどういうふうに価値を持たせていくのかを考えることを大事にしています。しかも日本だけにとどまらず、「世界の中でどう役立てるのか」「世界の中で山鹿に何ができるか」、こういった視点が最終的に長い目で見た時に、山鹿のためになるはずです。
 そんな視野から生まれて来たシルクを山鹿から見せることによって、日本各地のシルクが連携し、連携した日本のシルクというものが世界の先駆けになっていければと思うのです。そこに携わらせていただけるとするならば、本当にうれしいことです。

中嶋憲正市長を表敬訪問した際の伊勢谷友介。山鹿の魅力とこれからの未来について語り合った

 僕がモットーにしているのは、近江商人が言っていた三方よし『売り手よし買い手よし世間よし』に、『未来よし』を付けて加えて四方よしを訴えています。未来に役立つ仕事として機能し、結果的に山鹿が「いいことしたね」と賞賛される、自分たちも誇れるようになる、という形が本来のビジネスの形だと思っています。
 だからみんなを助けるつもりで、プロジェクトやビジネスをつくる。
 そうすると日本の山鹿、世界の山鹿という見え方がしてきますし、世界の山鹿にするために、これから僕ができることを全力で頑張りたいと思います。